補聴器|フジタ

フジタは認定補聴器専門店です

補聴器は購入して使い始めてからも使い心地や聞こえ具合などの微調整を行いながら自分に合わせていくものです。当店では補聴器の販売からアフターケアまでしっかり行える「認定補聴器技能者」の資格を持ったスタッフが責任を持って対応いたします。

最近こんなことはないですか?
  • 会話中の声が聴き取りにくい
  • テレビやラジオの音が大きいと言われる
  • 電話の声が聴き取りにくい
  • 銀行・役所・病院などで名前を呼ばれても聞き逃すことがある
これらに心当たりがある場合、ぜひ一度ご相談ください。

ご来店からご購入・アフターケアまでの流れ

補聴器購入の流れ

1.ご相談や聴力測定

受付相談
聞こえづらくなった時期や不便を感じる時・場所、補聴器の装用目的・目標などについてお伺いします。
また、補聴器に関する疑問点にもお答えします。
耳の観察
外耳道と鼓膜の状態を観察します。
聴力測定
音や話し声を実際に聴いていただき、聞こえの状態を測定します。
聞こえと補聴器の説明
お客様のご希望をもとに、最適な補聴器をお勧めします。

2.補聴器の製作・調整

耳型採取
音漏れやハウリングを防ぎ快適にご使用いただくため、お客様の耳型を採取し、補聴器メーカーに送ります。
納品
お客様の耳の形に合わせた耳あな型補聴器、またはイヤモールドが納品されます。
初回フィッティング
補聴器の形が耳にフィットしているかチェックします。次にお客様の聞こえに合わせて補聴器の音量や音質を設定し、さまざまな環境下での視聴をしていただきます。最後に、補聴器の取り扱い方法や保証についてご説明いたします。

3.アフターケア

微調整
生活環境で装用していただき、ちょっとでも気になる点がある場合は調整いたします。
補聴効果
補聴器の設定が適切かどうかのチェックを行います。
アフターケア
補聴器の微調整や定期点検、聞こえのチェック等を行います。

補聴器の種類

難聴のレベル
CIC耳あな型補聴器

CIC(耳あな型)軽度・中度

CICは、「Completely in the Canal (完全に耳穴に入る)」の略。極小サイズなので外から見えにくく、電話、帽子などの使用時におすすめです。また、聞こえがより自然になり、風切りの音や装用時の違和感も軽減することができます。

カナル耳あな型補聴器

カナル(耳あな型)軽度・中度・高度

種類も豊富で適応範囲の広いタイプ。小さくあまり目立たず、安定感もありCICより操作しやすいのが特徴です。

耳かけ型補聴器

耳かけ型 軽度・中度・高度

広範囲の聴力レベルに適応しており、操作がしやすいうえに、種類が豊富です。ケースカラーも取り揃えていますので、独自の補聴器をアレンジすることができます。

ハイパワー耳かけ型補聴器

ハイパワー耳かけ型 高度・重度

ハイパワーの補聴器なので、高度や重度難聴の方にも適応しています。ケースカラーも取り揃えていますので多彩なアレンジを楽しめます。

オープンフィット耳かけ型補聴器

オープンフィット耳かけ型 高度・重度

従来の補聴器と違い、耳穴を塞がずに付けることができるため、閉塞感がまったくありません。自分の声もすっきりと自然に聞こえ、まるで補聴器をつけていないかのような快適さです。

日本補聴器技能者協会

認定補聴器技能者

補聴器の販売や調整などに携わる人に対し、財団法人テクノエイド協会が、厳しい条件のもと、基準以上の知識や技能を持つことを認定して付与する資格です。豊富で幅広い知識と、長い実務経験から培った確かな技能で、補聴器の適切なご利用をサポートします。

初めてのお客様へ

補聴器イメージ

「補聴器は初めて」という方にも安心していただけるよう、当店ならではの補聴器貸し出し制度をご用意しました。購入を検討する前に、ご自宅でじっくり試せるので、慌てて買い自分に合わない補聴器を買う心配もなくなったと大変好評です。

ワイデックス補聴器
スターキージャパン
リオネット補聴器
↑上に戻る